20代女性の薄毛の病院は何科に行けばいいの?

スポンサーリンク

ここでは、「20代女性の薄毛の病院は何科に行けばいいのか」についてお話します。

 

どんな女性でも薄毛になるリスクは抱えています。
元々は太くて健康的な髪。多過ぎて困っていたぐらいなのに、
急に薄毛になってしまった・・そんな女性もいるぐらいです。

 

まずは、原因を調べてみませんか?

 

薄毛で病院は何科?

 

薄毛の原因はいくらか原因はありますが、
もしかしたら病気によるものかもしれません。
薄毛で一般病院を受診するなら、皮膚科か婦人科です。

 

ホルモンバランスの乱れによるものなのか、 皮膚病、
または甲状腺に関する病気なのか・・原因を調べてもらい、
もしも受診する科が違うなら、医師の指示に従って他の科を受診します。

 

薄毛は病院で解決する?

 

女性の薄毛は男性のものと違い、改善する可能性が非常に高いのです。
方向を間違わないように治療することが必要です。

 

しっかりと病院で原因を調べて、
医師と相談しながら治療を進めていけば早期に解決できますよ。

 

一般病院と専門医とは?

 

一般病院でも頭髪外来などの専門外来を設けています。
もしも受診する病院に頭髪の専門外来があるならば、
皮膚科とかではなく専門外来の方をオススメします。

スポンサーリンク

一般病院ではなく、薄毛専門のクリニックもあります。

 

専門クリニックはカウンセリングなどがあり、
1人1人を丁寧に診てくれるというメリットがあるのですが、
値段が高額なのがデメリット。

 

どちらがいいのかは好みになってしまいますが、迷っているようでしたら、
まずは一般病院での診察がオススメです。

 

20代という年齢とは?

 

20代は女性ホルモンの分泌がピークな年代。
髪の毛には女性ホルモンが必要なので、
健康な20代女性であれば薄毛の心配はないということになります。

 

とはいえ、女性の身体はデリケート。

 

ホルモンバランスはちょっとしたことで乱れてしまうものです。
生理不順などもあるようなら、
婦人科を受診して薄毛の症状とともに相談してみてください。

 

婦人科というと抵抗がある人もいると思いますが、
女性ホルモンの分量は血液検査で簡単に確認できますし、
検査後、少ないようなら女性ホルモンを投与してくれます。

 

自己判断では手当ての方向が間違うことがあり、
余計に悪化してしまうこともあります。
まずは、病院で正しい診断を受けてから薄毛の治療を始めてくださいね。

スポンサーリンク