女性の薄毛の皮膚科で京都の名医とは?

スポンサーリンク

ここでは、「女性の薄毛の皮膚科で京都の名医」についてお話します。

 

頭髪外来などの専門外来か皮膚科か・・
薄毛治療をするならどっちがいいと思いますか?

 

薄毛治療は薬ひとつで治るというようなものではないので、
薬の他にも詳しい検査や経過観察がとっても大切なのです。
患者側に立った薄毛治療をしてくれる病院に出会いたいですよね。

 

専門外来と皮膚科の違いとは?

 

・皮膚科

 

費用が比較的安価(9,000円〜20,000円弱)が魅力的。
通院頻度が少ないのも魅力的のように見えますが、その分検査が減り、
経過観察が難しくなります。

 

検査はあるとはいうものの、ヒアリングなどの簡単のものが殆どなので、
専門的な検査は期待できません。
薬の処方のみというところもあります。

 

・専門医

 

費用が高価(30,000円前後)になります。
定期的な通院(1ヶ月に1度程度)が必要となりますが、
その分診察が頻繁になりますので、よく診てもらえます。
薬のみ処方してくれるのではなく、専門的な検査をしてくれますので安心できます。

スポンサーリンク

名医がいる専門医

 

京都の実績ある病院が多数ありますが、その中の一部をご紹介します。

 

・AGAスキンクリニック 京都院(豊島 宅男 院長)
・山本クリニック (ソフトメディ 院長 山本慎吾)
・京都スキンクリニック (石井 良典 総院長)
・ますぎクリニック (馬杉 治郎 院長)
・大西皮フ科形成外科医院 (大西 勝 院長)

 

女性にも男性にも実績がありますし、駅チカで通いやすい病院もあります。

 

名医がいる皮膚科

 

皮膚科としての名医はいますが、薄毛治療となるとちょっと違ってくるのが現状です。
専門医と皮膚科・・どちらを選ぶかは自分次第。
基本的に発毛を考えるのであれば、専門医がオススメ。

 

皮膚科では抜け毛を薬で止めるのが目的で、発毛は期待できません。

 

女性の薄毛の場合、心身的なダメージは男性の比ではないでしょう。
患者の話をきちんと聞き、気持ちをわかってくれるなどの
体制が整っている病院の方が楽に通えると思いますよ。

 

自分に合った病院探しは、実際に自分で足を運んでみないとわからないものです。
少し時間がかかったとしても、納得がいくまで探すことが大切です。
自分が良いと思える病院は何なのか・・よく考えてみて下さいね。

スポンサーリンク