女性の薄毛の薬で副作用とは?

スポンサーリンク

ここでは、「女性の薄毛の薬で副作用」についてお話します。

 

どのような薬にでも多かれ少なかれ副作用があります。
薬によっては重篤な症状を引き起こす可能性もあるので、
使用する際には細心の注意が必要となります。

 

薄毛の薬に潜む危険性にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

女性の薄毛治療薬とは?

 

病院によって違いはありますが、
女性の薄毛治療に使われる主な薬はパントスチン、
パントガール、プロペシア、ミノキシジル、フロジン液などがあります。

 

薬の副作用とは?

 

・パントスチン

 

現在のところ、副作用の報告はほぼありません。
稀に頭皮にかゆみや炎症を起こす人がいますが、その症状は軽く、
重篤なものではありません。

 

・パントガール

 

現在のところ重篤な副作用の報告はあがっていませんので、
パントスチン同様、安心して使用することができる薬です。

 

・プロペシア

 

副作用が多い薬です。
頭痛・腹痛・下痢・胃部不快感・頻尿・眠気などの副作用が報告されています。
男性の場合は男性機能の低下。

スポンサーリンク

また胎児奇形を引き起こす可能背もあり、
女性、特に妊娠を望む女性は使ってはいけません。

 

・ミノキシジル

 

副作用があります。
ミノキシジルは血行促進剤。

 

血管を拡張するという働きがあり、その関係で心臓や血管に負担をかけ、
低血圧などの副作用が出ます。

 

また多毛症になる可能性もあるため、腕や足などの毛が濃くなることもあります。
その他、にきびなどの肌荒れ、頭皮のかゆみなどの症状などが報告されています。

 

・フロジン液

 

重篤な副作用は報告されていませんが、稀にかゆみや発汗の副作用があります。
フロジン液は外用薬。

 

注意点として「入浴直後の塗布は避ける」
という必要性がありますので、必ず守ってください。
入浴直後は血管が開いているため、副作用が起こりやすくなります

 

副作用は必ず出るというワケではありませんし、
絶対出ないという保証もありません。
使用する際は必ず注意事項を守って使用してくださいね。

 

また、どんな薬でもそうですが、妊娠中・授乳中の人は使わないようにしてください。
身体に異変が出たらスグに使用をやめて医師に相談してくださいね。

スポンサーリンク