女性の薄毛で皮膚科の薬とは?

スポンサーリンク

ここでは、「女性の薄毛で皮膚科の薬」についてお話します。

 

2つの皮膚科とは?

 

皮膚科には一般的な皮膚科と美容皮膚科があるのをご存知ですか?
この2つには根本的な違いがありまして・・

 

・一般的な皮膚科

 

 湿疹などの皮膚病の治療、イボなどの皮膚の疾患の治療を行う

 

・美容皮膚科

 

 専門のドクターがカウンセリングを行い、それに特化した最先端の治療を行う

 

このように、そもそもの目的が違いますので、
一般的な皮膚科でできる薄毛治療にはある程度限界があることがわかります。

 

薄毛の女性が皮膚科でもらえる薬とは?

 

薄毛の原因や病院にもよりますが、
一般的な皮膚科と美容皮膚科とでは処方薬にも違いがあります。

 

女性の場合、一般的な皮膚科では円形脱毛症やストレス性脱毛症に対し、
フロジン液を処方されることが多くみられます。

 

その他にも、ミノキシジルという薬もあるのですが、
これは病院によっては処方してくれないコトもあります。

 

一方、美容皮膚科になると処方薬は
パントガール・パントスチン・ミノキシジルなど多種あります。
一般的な皮膚科とは扱う薬の種類や数が違ってきます。

スポンサーリンク

処方薬は?

 

一般的な皮膚科で処方されるフロジン液は、
実は市販でも手に入れることができる薬なのです。
比較的安価で、30mlで1500円程。

 

効果のほどは人それぞれ・・でも、それはどの薬に対しても言えることで、
やはり実際に使ってみないとわからないものなのです。
また、薄毛の薬に即効性はありません。

 

もどかしところではありますが、効果が出るとしても、
ある程度の期間使い続けないといけません。
とにかく頑張って続けてみるしかないのです。

 

薄毛治療とは?

 

市販の治療薬やサプリメントなど、安価で手に入れやすいものもありますが、
薄毛の原因は人それぞれで、その治療法も使う薬も人それぞれです。

 

例え、治る薄毛でも間違った方向に治療してしまうと
結果がでないこともありますので注意してくださいね。

 

自己判断では、なかなか自分の方向性が定まらず
堂々巡りをしてしまう可能性があります。

 

無駄足を踏まないためにも、最初の原因だけでも
病院で診てもらうことをオススメします。

 

・・・というわけで、あなたもこのカテゴリー記事を読んで
「女性の薄毛の薬関係」について、学んで下さいね-☆

スポンサーリンク

 

女性の薄毛で皮膚科の薬とは?記事一覧

ここでは、「女性の薄毛の薬で副作用」についてお話します。どのような薬にでも多かれ少なかれ副作用があります。薬によっては重篤な症状を引き起こす可能性もあるので、使用する際には細心の注意が必要となります。薄毛の薬に潜む危険性にはどのようなものがあるのでしょうか?女性の薄毛治療薬とは?病院によって違いはありますが、女性の薄毛治療に使われる主な薬はパントスチン、パントガール、プロペシア、ミノキシジル、フロ...

ここでは、「女性の薄毛シャンプーで薬局販売の種類」についてお話します。薬局には、たくさんのシャンプーが売られていますよね。CM等で見たことのあるシャンプーもあれば、見たこともないシャンプーもあります。それぞれ、どこがどう違うのでしょうか?違いを知って自分に合ったシャンプー選んでくださいね。薬局に売っているシャンプーの種類とは?・高級アルコール系シャンプー市販品に多くみられるシャンプーはこのタイプで...