女性の薄毛で病院の保険を適用させる方法は大学病院の毛髪外来へ行く

スポンサーリンク

女性の薄毛に悩んだら病院へ行こうっていうけど、
薄毛治療ってどこの病院へ行けばいいの?行ってみたものの、
一度行ったら断れないし、治療費が高いのでは?

 

など、分からない事ばかりで、なかなか思い切って最初の1歩が踏み出せずに
病院へ行けないですよね(*_*)

 

女性の薄毛治療には、頭髪治療の専門のクリニックや、
美容外科クリニックなどで行う場合と、大学病院の皮膚科に
「毛髪外来」「脱毛症外来」という診療科を設けている場合があります。

 

昔は、皮膚科に毛髪外来なんてなかったけど、いかに最近、
薄毛で悩んでいる人が多いかが分かりますよね!

 

しかも、明らかに脱毛症と分かるくらいの抜け毛だと、迷わずに病院に行きますよね。
ただ、薄毛で行くのは・・・と思っている人も多いのではないでしょうか?!

 

確かに薄毛くらいで病院に行くのは恥ずかしいと思う気持ちも分かりますが、
病院で検査をして、自分の薄毛の原因が何か分かってからでないと、
きちんとした治療もできませんよね?!

スポンサーリンク

間違った方法でケアしてみても、薄毛治療の効果は出てきません。
薄毛治療では、大学病院の「毛髪外来」「脱毛症外来」は保険診療を行っているので、
保険が適用となります。

 

しかし、円形脱毛症や、皮膚炎などで、
治療が必要な場合以外は、皮膚科に行っても「様子をみましょう」
と言われることが多く、とりあえず、検査だけで終わるので、本格的な治療は望めません。

 

その他の美容外科や形成外科の場合は、
クリニックが独自で料金を設定している自由診療になります。

 

一部で検査費のみ保険が適用される場合もありますが、
ほとんどのクリニックが自由診療の形をとっているので、
残念ながら保険は適用されません。

 

ただ、抜け毛や薄毛の原因が円形脱毛症や皮膚炎によるものの場合は、
保険診療が可能となる場合があるので、
自由診療だから全て保険がきかないという訳ではありません!

 

ほとんどのクリニックで、初回の無料カウンセリングを行っているので、
最初に確認してみるといいでしょう(^^)/

スポンサーリンク