60歳からの女性の薄毛対策とはかつらや部分用ウイッグでオシャレに!

スポンサーリンク

年齢と共に体が老化して、身体機能が衰えてきます。
誰も老化を止めることはできませんよね。
しかし、日常生活の心構えや日ごろのケア次第で、
老化のスピードは遅らせることはできるんです。

 

だいたい40歳を超えたくらいから、ブラッシングの時などに、
ふと「最近、白髪が増えてきたかしら?」と感じる女性は多いですよね。

 

同じように鏡を見て「もしかして私の頭は薄くなってきているのかしら?」
「まだ大丈夫かしら?」との悩みを抱えるようになるのも
アラフォーを過ぎたくらいからです。

 

髪の毛が薄くなるのは、オジサンだけって思っていませんか?
加齢とともに衰えるのは、身体だけでなく、髪の毛も同じで、
女性でも年齢と共に、薄毛や抜け毛といったトラブルを引き起こします。

 

女性の髪の毛のピークは30代で、そこからだんだん細くなってきます。
人間の髪の毛の本数は、だいたい10万本と言われています。
60歳を超えると、全体の約30%分の髪の毛が細くなってしまいます。

スポンサーリンク

細くなるだけで、ボリュームでいうと、3万本の髪の毛が抜けたのと
同じ位の見た目になるので、だいぶん薄く感じますよね。
それに伴って、成長の速度も遅くなるので、余計に薄毛になってしまいます(;_;)

 

今や、60代の女性の2人に1人が薄毛に悩んでいて、その悩みも深刻化しています。
頭頂部の薄毛が一番の悩みで、かつらを使用している人もいます。

 

髪型も、ウェーブでボリュームを出したヘアスタイルの人が多いのも、
薄毛をカバーするためです。残念なことに、加齢での薄毛では、
シャンプーやマッサージでのケアだけで薄毛の改善は、ほとんど期待できないのです。

 

とはいえ、薄毛で悩んでいるのも時間がもったいないので、頭皮の状態を把握して、
育毛剤を試して頭皮ケアをしてみたり、思い切って、
かつらやウィッグなどを使用するのもいいでしょう。

 

最近では、比較的、取り外しが簡単で、お手軽価格のかつらや、
部分用のウィッグなどもあるので、
自分に合ったのを探してオシャレを楽しむ人も増えています。

スポンサーリンク