女性の薄毛のシャンプーの成分で避けるべきものは〜スルホン酸!

スポンサーリンク

薄毛に悩んだら、シャンプーの悪い成分を気にして!

 

女性のほとんどの薄毛の症状の原因は、老化によるものです。
これを、「びまん性脱毛症」と言います。

 

あまり耳にしたことがない単語ですが、年齢とともに衰えていくのは、
お肌だけではないということです。

 

頭皮もまた、お肌と一緒で年齢とともに、潤い・ハリが失われていくのです。
そのため、お肌のスキンケアを行うように、
頭皮のケアもしっかり行うことが大事なのです。

 

頭皮のケアと聞くと、みなさんはどういったことを想像しますか?
よくテレビでも放送しています、「リーブ21」などの
育毛剤なんかを使用したり、育毛を促進するシャンプーに
変えたりと、いろんな方法がありますね。

 

その中でも特に多いのが、「シャンプー」ですね。
育毛剤は高くて、なかなか手が出せない方も多く、
シャンプーを変えたほうが手軽で良いというのが口コミでもっとも多かったです。

 

また、育毛剤を使用すると、男性ですと効果が出やすいとされていますが、
女性の方が使用すると、かえって頭皮を傷めてしまったり、
肌に合わないということが多いのです。

 

なので、シャンプーを変えることが一番オススメです。

スポンサーリンク

「〜硫酸」「〜スルホン酸」...この単語の入った成分のシャンプーは避けましょう!

 

ですが、シャンプーを変える際、気をつけなければならない点があります。
それが、シャンプーの中に含まれる「成分」です!
この成分をしっかり理解していないと、頭皮に悪い影響を及ぼしてしまうのです。

 

シャンプーの中の悪い成分とは、「〜硫酸」「〜スルホン酸」という単語が
入った成分が含まれていたら、まず使わないようにしましょう。

 

乾燥気味、敏感頭皮に強い成分のシャンプー刺激は禁物!?

 

この成分は、びまん性脱毛症の女性には、
とてもといっていいほど、肌に合わない成分なのです。

 

薄毛女性の頭皮は、乾燥気味で敏感な頭皮の方が多いので、
肌に合わないということです。

 

なぜかといいますと、この成分は、皮膚に刺激が強く、
頭皮の油を必要以上に吸い取ってしまうので、NGということなんです!

 

みなさんも気をつけてくださいね。
もうひとつ、念のため避けて欲しい成分があります。
「PPG−7(ポリプロピレングリコール)」という成分です。

 

これは、500円から1500円ぐらいの比較的安い値段の
シャンプーに含まれていましたので、できるだけこれ以上の値段のもので、
これらの成分を含まないものを購入するようにしましょう。

スポンサーリンク