石鹸シャンプーが合わない髪質がある理由は頭皮が弱酸性だから!

スポンサーリンク

お肌に優しいと言われている「石鹸シャンプー」は、
誰の髪質にも合うわけではない!

 

薄毛に悩んでいる女性のみなさんであれば、
頭皮に良いとされているシャンプーがあるのをご存知ですよね?
もちろん「石鹸シャンプー」というものがあるのもご存知の方が多いことでしょう。

 

今回は、その「石鹸シャンプー」についてお話していくのですが、
石鹸シャンプーには、実は大きな落とし穴があるんです。

 

シャンプーよりもお肌に優しく、誰の肌にも合う石鹸シャンプーを
利用する方が多かったのですが、本当のところは、
誰のお肌にも合うものではないのです。

 

お肌もひとりひとり、人それぞれお肌の質も潤いも、
全然違いますので、合うか合わないかは、使ってみないとわからないのです。
誰にでも合うからといって、利用するのもいいですが、
肌に合わないなと思ったらすぐに使用するのをやめましょう。

 

石鹸シャンプーには、「石ケン素地」や「カリ石ケン素地」が含まれています。
頭皮は、お肌と同じように、弱酸性で出来ています。

 

石鹸シャンプーで、頭皮がかぶれる理由...。

 

アルカリ性でできている石鹸は、お肌の弱い方なんかは、
すぐにかぶれてしまう原因にもなってしまうのです。

スポンサーリンク

なので、どんな方でもお肌に合うからと言って使用しても、
実際のところは、石鹸自体があまり良くない成分の塊なのです。

 

シャンプーの液体を守るための成分も、頭皮をかぶれさせる
要素を含んでいるので、
石鹸もシャンプーも毎日行うとあまり良くないことがわかりますね。

 

石鹸シャンプーとシャンプーとでは、石鹸シャンプーのほうが、デメリットが多い!

 

ですが、毎日使用するとなると、やはりどちらを使用するのが良いか。
それは、「シャンプー」のほうがいいのかもしれません。

 

なぜかといいますと、今までシャンプーを使用していたのにかかわらず、
急に石鹸シャンプーに変更すると、今まではシャンプーには含まれなかった
「界面活性剤」や「保湿剤」が入っているため、髪の毛がキシキシになり、
ごわつくことがあります!

 

また、しっかりお湯で洗い流していても、髪の毛を乾かすとき、
石鹸シャンプーのカスが残っているケースも少なくないのです。

 

石鹸シャンプーに付属しているコンディショナーにもよるんですが、
髪の毛のツヤや潤いまでも、なくしてしまうのです。

 

今まで普通に使っていたシャンプーにはないデメリットが多すぎて、
やはり石鹸シャンプーを使用するよりも、
今まで使っていたシャンプーのほうが良いことがわかりますよね。

スポンサーリンク