10代で頭頂部が薄毛の女性になってしまう原因とは食生活や睡眠不足!

スポンサーリンク

女性の薄毛は、中高年のアラフォーを過ぎて、年を重ねてからの問題だと
思われていた時代もありましたが、今では若年性脱毛症という言葉が
多く聞かれるようになり、薄毛で悩んでいる若者が増えているのです。

 

10代で抜け毛?そんなの大げさに言ってるだけでしょ?!
って思っているかもしれませんが、実は今、
若者を中心とした抜け毛が深刻な問題なんです(;_;)・・・

 

そんな私も、10代の頃から薄毛に悩んできました。
女性の場合、初めは、シャンプーの時に髪の毛がたくさん抜けていたり、
分け目の辺りが薄くなったなと感じて、そこから、
気がつけばいつの間にか頭頂部が薄くなってしまったというケースが殆どです。

 

私もそうでした(*_*)

 

10代の抜け毛の原因として、1番多いのは、食生活の乱れによるもの!
10代が好む食べ物と言えば・・・ハンバーグに、スパゲッティ、フライドポテト、
焼肉、揚げ物や味の濃い物などなど。お菓子もやめられないですよね。

スポンサーリンク

栄養の偏りもいけませんが、もっと深刻なのは、
無理なダイエットによる食事量の低下です。
髪の成長ホルモンの分泌に必要なエネルギーが足りずに、
抜け毛がひどくなるパターンです。

 

頭頂部は血流が悪くなりやすいので、栄養不足の影響を受けやすいんです。
毛根の栄養不足が原因の場合は、食べ物の好き嫌いをなくして、
バランスよく栄養を摂取する事が大切です!

 

最近の10代は、受験のために、塾や習い事で夜遅くまで勉強したり、
ゲームに熱中し過ぎたりして、寝る時間が遅くなっています。
寝不足は疲れを取ることができないので、ちょっとしたことでもイライラしてしまいます。ストレスも抜け毛に大きく関係しています。

 

10代から生活習慣が乱れていると、今は大丈夫と思っている人も、
20代、30代と年齢を重ねて行くうちに、
若いうちから蓄積されたダメージが出て来て、薄毛に悩むようになります。
10代ですでに薄毛に悩んでいるあなたも、ぜひ、日常生活を見直してみましょう。

スポンサーリンク