女性の側頭部が薄毛の原因とは甲状腺ホルモンの減少によるものです!

スポンサーリンク

髪の毛が薄くなってきたと言って、最初に思い当たるのはどこですか?
前髪?頭頂部?この生え際の薄毛に悩んでいる人が多いですよね。

 

薄毛で、側頭部が気になるっていうのは、なかなか聞かないと思いますが、
中には、この側頭部の薄毛に悩んでいる人がいます。
なぜ、側頭部が薄くなってくるのでしょうか?

 

女性の薄毛のタイプは、頭頂部から薄くなる人、髪の生え際から薄くなる人、
側頭部から薄くなる人、全体的に薄くなる人の4つのタイプに分かれます。

 

女性の場合は、男性と違って全く髪の毛が生えてこない状態にはならずに、
全体的に髪の毛が細くなって、ボリュームが減ってきて、
地肌が透けて見える感じですよね!

 

女性の薄毛の原因として考えられるのは、ホルモンのバランスやストレス、
ダイエット、睡眠不足、喫煙などの生活習慣によってです。
また、血液の流れが悪くなることで、髪に栄養が行き届かなくなり、
薄毛の原因になります(ー_ー)!!

 

女性の薄毛は、女性ホルモンの低下が原因である場合が多いと言われていますが、
側頭部の薄毛は甲状腺ホルモンの減少によるものがあります。

スポンサーリンク

甲状腺ホルモンには、皮膚の再生や、体温の維持、血液を作ったり、
毛髪を成長させたりする生命を維持するの為の重要な役割があるんです!

 

この甲状腺ホルモンが減少してしまうと、まずは、
生命維持に必要なところへ働くため、
一番必要性の低い髪の毛が、
後回しになってしまうという訳なんです(´Д`)残念!

 

この甲状腺ホルモンが低下する事を老化と言うので、
加齢に伴って薄毛になると言うのは仕方がない事なんですね(;_;)

 

しかし、そう簡単にあきらめたくないですよね(^^)/
実は、甲状腺ホルモンの分泌を促す方法があるんです!

 

最近、ホルモンバランスを整えることで、よく聞くようになったプラセンタですが、
ホルモンの分泌を促す作用もあります。
プラセンタはサプリメントで摂取する事ができます。

 

甲状腺を活性化させて、体内のホルモンバランスを整えて、
毛髪のサイクルを正常化させる効果が期待できますよ!(^^)!

スポンサーリンク