女性の薄毛で飲酒が原因とは?

スポンサーリンク

ここでは、「女性の薄毛で飲酒が原因」についてお話します。

 

女性だって、1日の頑張ったご褒美に
夜はおいしいお酒を飲みたくなったりするものですよね。
でも、飲みすぎは要注意!

 

 なぜなら、それは薄毛の原因となってしまうからです。
おいしいお酒がなぜ薄毛の原因となってしまうのでしょうか?

 

システインの大量使用!

 

おいしいアルコールも体の中に入ると、
肝臓の中でアセトアルデヒドという有害物質に変わります。

 

しかし、有害物質をそのまま体内に置いておくワケにはいかないので、
無毒化しようと体は働いてくれます。

 

この無毒化するときに使われるのが髪にも必要な栄養素のひとつ、
システインというアミノ酸なのです。

 

適量のアルコールならシステインを使っても髪の毛に支障はないのですが、
飲みすぎると髪の毛に支障が出るほどに肝臓はシステインを大量に使用・・、
これが薄毛の原因となるのです。

 

お酒には糖分が入っている!

 

皮脂の過剰分泌は抜け毛の原因になります。
お酒全般は穀物や果実が原料。そのため糖分を多く含んでいる飲料です。
糖分は取りすぎると、血中で脂肪に変化。これが皮脂の過剰分泌の元となります。

スポンサーリンク

頭皮の毛穴は皮脂が詰まると抜け毛を起こすので
必要以上の皮脂分泌は避けたいところです。

 

お酒のお供に要注意!

 

お酒にはおいしいおつまみが必要ですね。
おつまみは何が好きですか? 
からあげ・フライドポテトなどなど・・。

 

多かれ少なかれ、脂っこいものが多くみられます。
この脂もまた皮脂を過剰に分泌させ、
頭皮の毛穴を詰まらせる原因になってしまいます。

 

お酒を飲まなければいいの?

 

お酒が好きな人が禁酒をすると返ってストレスに。
ストレスだって薄毛の原因なのですから、
ストレスはためないようにしてくださいね。

 

お酒は飲みすぎると薄毛の原因や身体に害を及ぼすなどして毒となりますが、
適量であれば問題はありません・・返って薬にもなりうる飲料です。
お酒はストレスがたまらない程度に楽しんでくださいね。

 

それと、忘れてはいけないのが休肝日。
たまには肝臓を休ませる日を作って、自分の髪や体をいたわってあげてください。

スポンサーリンク