女性の薄毛の原因が生え際の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「女性の薄毛の原因が生え際の時」についてお話します。

 

生え際の薄毛が気になっていませんか?
特に女性で髪の毛が長く、常に髪の毛を縛っている人に
よくみられるのが生え際の薄毛です。

 

どうしてそのようなことが起こるのか・・、
生え際の薄毛の原因・対策についてご紹介します。

 

毎日の髪型!

 

生え際を強くひっぱるような髪型をしていると、
生え際の髪の毛に脱毛が起こりやすくなります。
この症状がみられる代表的な髪型は「ポニーテール」。

 

基本的に後ろで一本で縛っている人に多く見られます。
改善する方法としては、「毎日同じ髪型をしない」こと。

 

仕事等で毎日同じ髪型にしなくてはいけない人は、
休日には髪の毛を下ろすなどして、頭皮を休ませてあげてくださいね。
髪の毛を縛るときは、強くひっぱらずに、ふんわりとまとめてみてください。

 

編みこみだとひっぱりすぎてしまう可能性があるので、
三つ編みなどを取り入れてみるとふんわりと仕上がりますよ。

 

前髪を下ろす!

 

生え際の薄毛は、頭頂部などの薄毛に比べると回復が遅い傾向にあるので、
額の生え際が薄いと気付いたら早めにケアを開始してください。

スポンサーリンク

まずは、前髪を下ろすなど、頭皮を休ませてあげるようにします。
女性の場合は、男性のように額がどんどん後退していき、
二度と生えてこないという症状にはなりません。

 

薄毛が生え際だけならば、生え際だけを
守ってあげられるようなケアをしてあげてくださいね。

 

生え際に使う育毛剤!

 

とろみのある育毛剤と、さらさらとした液状の育毛剤があります。
もしも、生え際に育毛剤を使うのであれば、顔への液だれを防ぐためにも
「とろみ」のある育毛剤をオススメします。

 

生え際の薄毛には、他にも考えられる原因があります。

 

・食生活などの生活習慣の乱れ
・間違ったヘアケア
・度重なるパーマやカラーリング、ヘアアイロンなど

 

・アルコールや喫煙
・過労、寝不足など
・精神的なストレスなど

 

もしかしたら気付いていないだけで、
生え際だけでなく全体的に薄毛が始まっているかもしれません。
放っておくと進行していってしまいます。

 

生活リズムを正して、ちょっと髪型を変えてみる・・、
これだけでも、薄毛は改善されることがありますよ。

スポンサーリンク