女性の薄毛は低体温が原因になる事も多い!

スポンサーリンク

女性にとって、メイクも大事ですが、髪の毛を綺麗にセット
することも身だしなみとして、「女として」大事なことですよね。

 

その大事な髪の毛が、年齢とともに失われ、潤い・ハリ・髪の毛の
本数までもがなくなっていくと思うと、なんだかいたたまれなくなります。
わたしですら、妊娠し、出産を終えた今でも、ホルモンバランスのせいか、
前よりも髪の毛が薄くなったように感じますもん。泣

 

世の中には、どれだけの人が薄毛に悩んでいることでしょう。

 

年齢とともに失われていくと思っていた髪の毛が、
実は年齢によってだけではないということを、誰が知っていたでしょうか?
世のほとんどの方が年齢だけによるものと思っていると思いますが、
実はそうではなかったことに、驚きを隠せないことでしょう。

 

「低体温」。
アナタの体温は、平熱何度でしょうか?
日本人の平均的な体温は、36.5から36.6度と言います。

 

ですが、その体温から一度でも体温が低いと、
それは、「低体温」という部類に区別されてしまうのです。
その低体温が原因で「薄毛」につながってしまうのです。

 

低体温だけで、薄毛につながるわけないでしょ!?と
考える方がいらっしゃると思いますが、そうなってしまうことは
事実なんですから、薄毛の悩みを解消したければ、
「低体温」を改善していかなければならないのです。

スポンサーリンク

低体温が何故薄毛の悩みにつながると言いますと
、一般の人の平均的な体温と低体温の人に新陳代謝を比べると、
低体温の人のほうが新陳代謝が低い割合が低い
という結果が出ているのです。

 

その新陳代謝が下がることで、風邪を引き起こす原因となったり、
もちろん血液が頭皮に行き渡らなくなることで、髪の毛を作る
細胞が活動しなくなり、薄毛につながるというわけです。

 

低体温により、血液不十分、からの栄養不順分につながり、
そして薄毛という最終結果というわけですね。
体温が低いことが原因ということは、頭皮も冷えている
ということと一緒ということなんです。

 

そのようなことを防ぐためにも、頭皮にしっかり栄養を行き渡らせるとともに、
しっかり血液を張り巡らせ、平均体温を上げるということが大事になってきます。

 

平熱を上げることによって、冷え性も解消できる上に、
薄毛予防&薄毛解消ができちゃうんで、一石二鳥です!

スポンサーリンク