テストステロンが女性の薄毛の原因?増えすぎるとオジサン化する!

スポンサーリンク

ストレスなどが原因で30歳前後で
引き起こされることもある「更年期障害」...。泣

 

男性だけが、薄毛や抜け毛、ハゲなどの悩みを抱えていると思いきや、
ここ最近では、女性の方の悩みとしても
多く取り上げられているのです。

 

女性のこれらの悩みの原因として挙げられるのが、
老化によるものだったり、ストレスによるものだったり、
女性ホルモンの減少によるものだったりと、原因はさまざまです。

 

比較的40代前後からこのような症状が出始めることが多いのですが、
早ければ30歳前後の若さでもこのような
症状に悩まされる方がいるんだとか...。泣

 

50歳前後の女性に多く見られる
「更年期障害」によって女性ホルモンが減少する!

 

その原因は、「更年期障害」によるものなんだそうです。
通常では、50歳前後に見られることが多い「更年期障害」ですが、
ストレスなどが原因でその若さでも引き起こされてしまうのです。

 

男性ホルモンのなかに含まれる「テストステロン」
増加によって薄毛が引き起こされる!

 

ほかにも、男性ホルモンのなかに含まれる「テストステロン」が
増加することによっても薄毛が引き起こされてしまうのです。

スポンサーリンク

この「テストステロン」が増加すると、体毛が濃くなると言いますが、
生えてきて欲しいところに生えてこないのが、現実なのです。

 

ヒゲや腕の毛、すね毛などのいらないところの毛が生えてくる中、
頭皮に影響を及ぼす「テストステロン」。
この「テストステロン」を増加させる原因としてあげらるのが、
産後の女性に多く見られるのです。

 

産後増える減員として、妊娠中は、女性ホルモンが急激に
増加するのですが、産後は、その女性ホルモンが一気に減少することによって
「テストステロン」が増加してしまうというわけです。

 

つまり、これが増えることで、どんどんおじさん化してしまうというわけですね。
さて、更年期障害についてですが、老化によるものがほとんどの中、
30代前後という若さでも発症してしまう方がいます。

 

それは、ストレスによるものがほとんどのようです。
ストレスによって、過剰に減少してしまう卵巣機能の低下によって、
薄毛の悩みを引き起こすだけでなく、生理不順にも
なってしまうんですよ!

 

結果的に言いますと、治療方法はただひとつ、
ホルモンバランスを正常に整えることです。
女性ホルモンを正常に戻すのに良いとされるイソフラボンを
摂取することで、元に戻すことが可能なんです!

 

イソフラボンは、大豆製品にたくさん含まれていますので、
サプリメントなんかを毎日摂取すると良いですね。

スポンサーリンク