20代の女性がびまん性脱毛症で薄毛になる原因はダイエットの栄養不足

スポンサーリンク

貴女が、このサイトを見ているという事は、少なからず、
薄毛が気になっているのではないでしょうか?
わたしも10代から薄毛に悩んだ1人として、鏡の前を通る時、かがんだ時など、
いつも人の目がとても気になっていました。

 

近年では、女性の薄毛が急増して深刻化していますが、
中でも「びまん性脱毛症」と呼ばれるタイプの脱毛症が、
一番多いタイプとなっています。(´Д`)

 

びまん性脱毛症は、女性型脱毛症とも呼ばれていて、
全体的に頭髪が薄くなってきて、地肌が透けて見えてくる症状で、
分け目やつむじの部分が目立ってきて、
後頭部から頭頂部にかけてもだんだん薄くなってきます。

 

こうなると、上から見られるのが苦痛になりますよね(;_;)

スポンサーリンク

びまん性脱毛症は、元々は、加齢とともに起こる症状だったのですが、
最近は若い20代でも症状が現れていて、
芸能人にもこの薄毛に悩んでいる人がたくさんいます。

 

なんで、老化現象だったはずの、びまん性脱毛症が若者にも蔓延しているのでしょうか?
女性の薄毛にはいろいろな原因がありますが、第一に挙げられるのが、
睡眠不足、過度のダイエットによる栄養不足です。

 

若い女性なら誰もが当てはまり、納得できる原因ではないでしょうか?
次に、喫煙習慣や経口避妊薬(ピル)を使用しているなど、
生活習慣からくるものもあります。特に、喫煙は毛細血管が細くなり、
血流が悪くなることで、体にも悪影響を与えます。

 

経口避妊薬は、若い女性なら間違って妊娠してしまわないように、
または、生理痛の改善、ホルモンバランスを整るなどの治療にも効果があるので、
悪いわけではありません。

 

ピルを一定期間服用することで、女性ホルモンのバランスが一時的に崩れて、
発毛しなくなる事があるのです。
びまん性脱毛症の対策としては、生活習慣を見直すこと!

 

1日3食バランスよく食べて、良く寝ること、正しいシャンプーの仕方を覚えること、
ドライヤーの熱が直接、頭皮にあたらない事を守って生活してみましょう。

スポンサーリンク