20代女性の前髪が薄毛の原因とは男性ホルモンが優位に立ってオス化?

スポンサーリンク

ファッションやヘアスタイルに、特にこだわりの強い20代は、
色んな髪型を楽しんだり、色んな事に挑戦したい時期ですよね!(^^)!
そんな20代で、シャンプーのときに抜け毛が半端なくひどくて、
どうしようかと悩んでいてもなかなか友達に相談するのは恥ずかしいですよね!

 

同じような悩みを抱えた20代女子が急増中!
なんで、わたしの髪の毛は抜けて行くの・・・(´Д`)

 

抜け毛には「男性型脱毛症」と「女性型脱毛症」に分かれていますが、
最近、女性の間で、なぜか「男性型脱毛症」の症状が増えているのです。

 

この男性型脱毛症は、男性特有の抜け毛なので、
こんな名前がついているのですが、女性に同じ症状が増えているという事は、
女性がオス化していると言うことなんですね!

 

最近の女性は、社会進出が進んだことで、男性と対等に仕事をするようになり、
ストレスが溜まっています。残業などで睡眠不足になり、
休む時間も少なくなっています。

スポンサーリンク

また、ストレスで甘いものについ手が伸びてしまい、
少し体重が気になると無理なダイエットをしてしまいがちですよね。

 

こんな生活習慣の乱れが、女性ホルモンの乱れの原因になってしまいます。
女性ホルモンが乱れると、男性ホルモンが優位に立ってしまって、
オス化してしまう・・・

 

そのせいで男性型脱毛症の症状が出てしまうという事態が起きているのです(*_*)
男性型脱毛症は、前髪から後ろ髪に影響が現れます。
女性の中でも、全体的に薄くなるびまん性脱毛症と
前髪から薄くなっていくタイプがいます。

 

女性の場合は、前髪が薄くなっても、
男性のようにツルツルにはならないので、
そこが男性型と女性型の違いです!

 

どちらも、頭皮の血流が悪くなって栄養が
行き届いていない事が原因となっています(ー_ー)!!

 

同じ髪型でも、前髪の印象で雰囲気が全く違って見えるので、
20代で前髪が薄くなり始めている人は、頭皮の環境を整えて、
女性ホルモンをアップさせ女子力も上げて行きましょう!\(^o^)/

スポンサーリンク