20代女性の分け目が薄毛の原因は過激なダイエットの栄養不足が多い!

スポンサーリンク

毎日鏡を見ながらセットしていると、ある時ふと
「私ってこんなに髪の毛少なかったかしら?」と思う事はありませんか?!
だいたい決まった分け目でセットしているので、何となく気になり始めますよね。

 

分け目が広がってくると、髪の毛の量も少なく見えるし、
老けて見えますよね(´Д`)
こんな悩みは、40代からが多かったのですが、最近は、
10代や20代の女子にも多くなってきています。

 

女性の薄毛で一番分かりやすいのが、分け目ですよね。
なんで分け目から目立ってくるのかというと、女性の多くは、
びまん性脱毛症と言われる症状で、女性特有の脱毛症なので、
「女性型脱毛症」とも言われています。

 

このびまん性脱毛症の原因は、加齢によるもので、髪の毛全体が薄くなってきて
分け目が目立ってくるのが特徴です。

 

「えっ?!加齢が原因なのに、20代に多いってどうして?」と思いますよね。

スポンサーリンク

20代の若い女性の場合は、同じびまん性脱毛症でも原因が違います!
若い20代で一番多いのが、極端なダイエットによるもの!
食事制限ダイエットをしている人は、体にも十分に栄養が行き届いていない状態なので、
当然、髪や頭皮にまで行き届かないんです(*_*)

 

過度なストレス、他にも睡眠不足、喫煙も大きな原因になっています。
これは、生活習慣と髪の毛の抜ける原因は大きな関係があると言っても過言ではない!
ですね。...(T_T)

 

髪の分け目にも注目してみると、毎日分け目を変えてセットしている人は少ないでしょう。
髪の毛はクセがつきやすいため、だいたい同じ分け目になります。
美容院で髪を切る時も、分け目を整えて、セットして切って貰いますよね。

 

しかし、いつも同じ分け目では、
その部分の毛根にばかり負担がかかってしまい、弱ってきます。
それに紫外線が一番多く当たるのは、頭皮ですよね。

 

紫外線は頭皮にかなりのダメージを与えているので、
同じ場所ばかりに紫外線を当て続けることは、よくありません。

 

一日に少しずつでも分け目をずらすことで、かかる負担が少なくなるので、
薄いのが気になる人は、分け目を変えることを心がけましょう!(^^)!

スポンサーリンク